DTF印刷とは?

dtf-プリンター-リンコー6048a

はじめに

Tシャツビジネスは、自宅のガレージでも始められる、最も収益性の高い事業のひとつだ。しかし、それを正しく行うには、どこから始め、何が必要かを知らなければならない。

DTFプリンターは、これからブランドを立ち上げる方にも、すでにブランドを確立している方にも最適な選択です。DTFプリンターを使用すれば、柔軟なデザインと高品質の印刷物を作成できます。費用対効果に優れ、運用が簡単で、汎用性の高いビジネスモデルです。

このガイドに耳を傾けて、DTFプリントとは何かをもっと知ってください。そして、あなたのTシャツプリントブランドをすぐに成長させましょう。 ここをクリック 自宅でTシャツをプリントする方法を学ぶ。

DTF印刷とは?

DTFとは、Direct To Filmの頭文字をとったもの。この技術は、生地に転写する前にフィルムにデザインを印刷することを指します。熱wwwを介して、ほぼすべての生地素材にお好みの画像を転写することができます。

他の機械とは異なり、DTFプリンターは白インクで動作するため、様々な色で印刷することができる。DTFプリンターは、そのシンプルな工程とデザインの多様性により人気を博しています。LINKOは高性能で低価格のDTFプリンターを提供しています; クリックしてフルモデルを見る.

DTFプリンターの仕組み

DTFプリンターがどのようなものかお分かりいただけたところで、DTFプリンターがどのように機能するのかについて説明しよう。DTFプリンターは、その多機能性と使いやすさで多くの人に評価されている。DTFプリンターは高品質のDTF転写を行い、様々な印刷作業に対応することができます。

ひとつは、DTF転写はあらゆる布地に対応できること。また、単色のシャツラベルからフルサイズのカスタムまで、多彩なデザインが可能です。

DTFプロセス

DTFプリンターの仕組みはこうだ:

1.PETフィルムへのデザイン印刷

デザインの準備ができたら、DTFプリンターがほとんどすべてを行います。ファイルをプリンタに送るだけで、印刷プロセスが開始されます。設定が完了すると、プリンターがデザインをPETフィルムに転写します。

ただし、印刷前にDTFプリンターが正しくセットアップされていることを確認してください。つまり、最初にフィルムをトレイにセットし、インクカートリッジを取り付けるのです。

また、マルチカラーのレイヤーデザインの前に、ベースの下に白でデザインをプリントしてください。白インクがないと、白か淡い色の衣服にしかプリントできません。白は、あなたのカラフルなデザインを強調するために、濃い色の生地のためのベースです。

最後に、印刷前にデザインをミラーリングしてください。DTFの逆転送を避けるため、ファイル内でデザインを反転させる必要があります。また、印刷可能なファイル形式でデザインを保存することを忘れないでください。

2.色の追加

DTFプリンターには複数のプリントヘッドがあるため、さまざまな色に対応できる。最初のプリントヘッドはCMYKカラーブレンドを適用する。同時に、2つ目のプリントヘッドは、ベースカラーとして理想的な量の白を適用する専用です。

2つ目のヘッドが正確に機能することで、色の正確な位置合わせができる。これにより、白インクがデザインを台無しにするのを防ぎ、色のエッジをきれいに保つことができます。

このような鮮明なエッジは、DTF転写の利点のひとつである。このような鮮明なエッジは、従来のスクリーン印刷では再現することも達成することも困難です。

3.粘着パウダーによるコーティングフィルム

このステップは手動で行うか、DTFプリンターを通して自動的に行う。初心者のためのDTFプリンターには、自動パウダー塗布機能はありません。つまり、手で粘着パウダーをフィルムに塗布する必要があります。このような機能は、工業用途の大型プリンターに多く見られます。

印刷されたフィルムは、この機能を備えた一部のプリンターではパウダー化ユニットに送られる。そして、フィルムが濡れている間に粘着パウダーが均一に散布される。インクと粘着パウダーの組み合わせにより、DTF転写のソフトなタッチが実現する。

パウダーを塗布した後、フィルムは自動シェーカーに入り、余分なパウダーを取り除く。その後、乾燥ベルトの上を通り、接着剤を溶かして硬化させ、インクに確実に接着させる。

4.熱プレス

フィルムがプリントされ、パウダー化され、硬化した後、生地への転写準備が整う。

移籍手続きは迅速であるべきだ。 ヒートプレス機 は高圧と熱を使う。通常、約160~170℃の熱プレスで15~20秒しか必要としない。

デザインを転写するには、フィルムをシャツに押し付けて10~15秒必要です。その後、転写フィルムをはがし、シャツの上にフィニッシングシートを置くことができます。さらに5秒ほどプレスしてインクを生地に定着させます。

また、DTF転写を保護するために余分なフィルム層で覆うことを好む人もいる。例えば、テフロンシートを貼ると、保護が強化され、光沢のある仕上がりになる。

DTFトランスファーを印刷するには何が必要ですか?

をお探しなら、多くの選択肢があります。 中小企業に最適なDTFプリンター.DTF印刷を利用して、ブランドを立ち上げたり、拡大したりすることができます。

DTF印刷には何が必要ですか?

DTFプリンター

DTF印刷には特定のプリンタータイプが必要だと思うかもしれない。しかし、そうではありません。通常のデスクトップ・インクジェット・プリンターで十分です。

ただし、印刷に必要な色を収容するためには、6インクタンクのプリンターにする必要がある。標準的なDTFプリンターのインクはCMYKタンクに入れることができ、LMタンクとLCタンクには白インクを入れることができる。

しかし、DTFで改造されたプリンターは、以下の会社から購入することもできます。 信頼できるDTFプリンターサプライヤー.あなたのビジネスが大量印刷で運営されている場合は、自動DTFプリンタを購入する。このタイプのプリンターは、高品質、コスト効率、印刷速度を保証します。

手動のDTFプリンターもあります。この信頼性の高い機器を使えば、どんな表面にも印刷できる。ただし、自動プリンターとは異なり、硬化炉とヒートプレス機が別途必要になります。

それでも、手動のDTFプリンターは、市場で最も安価なDTFプリンターとして、あなたのビジネスをスタートさせるのに役立ちます。高品質の印刷を保証するためには、最高のDTFプリンターを見つけなければなりません。

消耗品

DTFプリントには消耗品も必要です。これらは1回しか使わない消耗品です。そして、より頻繁に補充が必要なものです。

DTF PETフィルムは特殊な転写フィルムです。スクリーン印刷用の転写フィルムとは異なります。厚さは0.75mmで、小さな印刷用途のためにカットシートで販売されています。しかし、より大きな商業用途のためにロール状で購入することもできます。もうひとつの特徴は、コールドピールまたはホットピールタイプのフィルムがあることです。

転写フィルムは再利用できないことを忘れないでください。一度デザインを転写するために作られたフィルムは、熱にさらされることで印刷や転写の機能を失います。一度使用したら、そのままゴミ箱に入れ、定期的に補充してください。

DTFプリンターインクは、ブラック、イエロー、シアン、マゼンタ、ホワイトの5色から選べる特殊な顔料インクだ。白インクは、マルチカラーデザインレイヤーのベースおよび基礎として必要です。インクリフィルは頻繁に補充が必要になるため、常に十分な在庫を持っておきたい。

DTF粘着パウダーは、インク顔料を繊維に結合させるために必要です。すべての接着剤パウダーが同じグレードというわけではありません。すべての印刷構成に必要なグレードを把握しておく必要があります。

  • DTFプリンター・ソフトウェア

DTFプリンター・ソフトウェアは、DTF印刷に不可欠な要素です。この特別なRIPまたはラスター・イメージング・プロセッサ・ソフトウェアは、白とCMYKカラーを扱うことができます。DTFソフトウェアは、DTFプリンタの全体的な印刷性能に影響を与えます。DTFソフトウェアは、最適化された転写品質を実現するために、インクレベルや特性、ドロップサイズ、カラープロファイリングを管理します。

ヒートプレス機の主な目的はひとつ。それは、圧力と高熱を使って、プリントされたデザインをフィルムから生地に転写することだ。しかし、硬化オーブンがないと、接着剤の粉を溶かしてしまうこともある。また、この機械でシャツを予熱し、プリント品質を損なう可能性のある水分を生地から取り除く人もいる。

DTF転写パウダーをPETフィルムに塗布する機械です。しかし、この機械がなくても転写を進めることはできます。DTFパウダーを手作業でフィルムに塗布することができるからです。

硬化炉は、インク顔料と結合するために接着剤の粉末を溶かす。しかし、そのような機能がない場合は、熱プレス機を使用することができます。

DTF機材の価格は?

DTFプリンターが何であるかを知った上で、そのコストを知ろう。

DTF印刷の設備価格を計算するのは難しい。スペック、容量、タイプ、さらには機器のブランドなど、さまざまな要素を考慮する必要があります。しかし、あなたが予算に優しい変換されたDTFプリンタを見ている場合は、$500から$1000を支払うことを期待することができます。

バンドルオファーはさらにお得です。プリンターとヒートプレス機を含むパッケージが、消耗品も含めて$2000以下で購入できます。

しかし、より信頼性の高い機械にもっとお金を払うことができるのであれば、シャツ専用の転写プリンターを選ぶことができます。専用のDTFプリンタは、$3000以上からあなたの費用がかかります。しかし、バンドルされたパッケージを見つけることは、あなたの購入コストを下げるためにスマートな選択になります。

より高度な機能と統合された機器を備えたミドルレンジのDTFプリンターにアップグレードする準備が整っているのであれば、最低でも$9000で十分です。

購入する前に、オンラインで見積もりを探し、比較することをお勧めします。 ベストプライス 必要な機材の

プリンターDTFの長所と短所

DTFプリンターは、多くの中小から大企業の印刷業務に利用されているが、長所と短所がないわけではない。以下はその長所と短所である。

長所だ:

  • 汎用性が高く、どんな生地にも合う
  • ソフトタッチの印刷品質を提供
  • 前処理は不要
  • 操作が簡単
  • 印刷工程は、他の印刷方法よりも速く、簡単である。
  • プリントシャツは優れた耐洗濯性を示す

短所だ:

  • 昇華印刷に比べ、色の鮮やかさが劣ることがある。
  • DTF転写は可塑化された感触を与える

DTF、DTG、昇華の違い

DTG(ダイレクト・トゥ・ガーメント)プリントと 昇華 印刷もまた、印刷ビジネスで最も一般的な方法の2つである。DTFと同様、両者にはそれぞれ長所と短所がある。

この3つの主な違いは以下の通り:

  • 生地タイプ

ご存知の通り、DTF転写はどのような種類の生地にも対応します。一方、DTGプリントはコットンに、昇華はポリエステルに最適です。

  • 生地の色

DTF転写は、どのような色の生地でも色の鮮やかさを保つことができます。DTGは濃い色や黒に適しており、昇華は薄い色や白い生地に適しています。

  • プリントの質感

DTF転写は、シャツ上でより滑らかで可塑化された質感を示す。DTGはざらざらとした感触で、昇華は衣服にプリントがないように感じられる。

プロセスに関しては、DTGはシャツに直接プリントするが、画像を適切に転写するために衣服の前処理が必要である。DTFや昇華に比べ、転写紙を必要としない。

昇華では転写紙を使用し、熱でデザインを転写する。しかし、DTFとは異なり、昇華は液体インクではなく、熱を利用して生地と結合する固体インクを使用する。

結論

DTF移管の意味、そのプロセス、そしてその費用をご理解いただけたなら、自信を持って次の大きなビジネス移転を計画することができるだろう。

DTF印刷ビジネスが最も一般的な印刷方法のひとつであることには理由があることを忘れてはならない。汎用性が高く、コスト効率が高く、運用が簡単で、投資回収が早い。

DTF印刷の世界で次のビッグネームになるために、今すぐブランド作りを始めましょう。DTF印刷ビジネスに関するお問い合わせは、下記までご連絡ください。 LINKOチームマンツーマンでサービスを提供する。

    [get_ip]

    次のものを選択してください お家.

    发表回复